入院相談

当院は、脳卒中や大腿骨骨折等のご病気を発症された皆様方が早期のリハビリテーション医療により、一日も早く家庭復帰、社会復帰をめざす専門病院です。回復期リハビリテーション病棟、3病棟と一般病棟を有し、専門の医師・看護師・理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・ソーシャルワーカー等がチームを組み、医師の指示によりリハビリテーション治療を行っております。
当院では随時入院相談に応じております。電話またはEメールにて相談される方には当病院のパンフレット・案内・入院申込書等をご郵送いたします。来院していただく方には、当病院の内容と入院状況を説明し、ご希望であれば病院内を案内させていただきます。

入院対象者

  • 回復期リハビリテーション病棟は、脳血管疾患(脳梗塞・脳出血等)、大腿骨頚部骨折、下肢又は骨盤等の骨折の発症後2ヶ月以内の方や、外科手術後又は肺炎等の治療時の安静により生じた廃用症候群になった後2ヶ月以内の方等が対象になります。病棟専任医師のもと、病棟担当理学療法士、作業療法士、言語聴覚士等がチームを組み、皆様の家庭復帰や社会復帰をめざしてリハビリテーション医療を行います。
    回復期リハビリテーション病棟の対象となる方につきましては、入院の相談・申し込みがあった段階で、できるだけ早く入院ができるよう準備いたします。入院期間は病状により異なります。
  • 一般病棟は、回復期リハビリテーション病棟への入院対象者以外の方が入院の対象となります。発症後2ヶ月以上経過していらっしゃる方や、リハビリテーション医療が必要、又は現状の状態を維持する目的の方が対象になります。

入院の申し込みと手続き

入院のご案内

入院予約を行い「入院申込書」を入院受付にご提示ください。入院手続きに必要な「入院案内」をお渡しします。

入院申込書

紹介医の意見(診療情報提供書)