院長あいさつ

日本の高齢化は他国に類を見ない速さで進んでいると言われてから久しくなります。それに付随し脳血管疾患を発症された方々の多くは、後遺症による今までと違う生活を余儀なくされなければなりません。リハビリテーション医療は、その後遺症を伴った方々が、出来る限り元の状態に近づくように回復を目指し、また家庭・社会復帰を目指すため、さまざまな見解の元に治療されていることは周知のことと思います。
後遺症として多くの場合、運動障害、感覚障害、言語障害、あるいは高次脳機能障害(半盲・認知障害、病識低下等)などがあります。私たちは医師を中心に、看護師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、ソーシャルワーカー等が一体となってリハビリテーションのチーム医療を展開しており、患者さんのADL(日常生活動作)の改善や早期回復を促します。また、あわせて入院期間の短縮と在宅復帰率の向上(重症度の改善)に努め、地元地域をはじめ、県内外における回復期リハビリテーション病棟としての機能と役割を高めていきます。
私どもはスタッフ一丸となり、患者さんの一日も早い在宅復帰を支援いたします。そしてご入院中のみならず、退院後の維持期リハビリテーションや社会福祉サービス利用等に関してのご案内・ご紹介を行ない、患者さんが再び家庭・社会のあらゆる場面、すなわち人生のステージに元気にお戻りいただけることを信じて、今日も頑張ります。

院長 天 野 達 也

リハビリテーション

脳卒中を発症された方への早期リハビリテーションは、家庭復帰・社会復帰をするために非常に重要なことです。
私達スタッフはリハビリテーションを中心に一人一人の症状に合ったプログラムを作成し、リハビリテーションの効果が上がるよう努めています。
理学療法室・作業療法室・言語聴覚室での訓練はもとより、ベッドサイドでのリハビリテーション等、皆様に応じた効果的な治療を行なっています

温もりある看護・介護と充実した看護体制

入院相談、入院の受け入れから退院後のフォローアップまでを、看護師が医療スタッフとチームを組んでトータル的に担当し、早期治療、リハビリテーションの実施により、一日も早く回復されますよう、身体的・精神的な支援を行なっています。
皆様が安心して入院生活を送れますよう心配りをしながら、誰からも信頼され、看護業務に誇りをもてる看護師を目指しています。

チーム医療

医師を中心にカンファレンス等により、医療スタッフが入院されている皆様に対してさまざまな角度から検討を加え、的確な判断のもとチーム医療を行なっています。

在宅医療

医師・看護師・理学療法士・作業療法士を中心に、訪問リハビリテーション・通所リハビリテーション・退院前訪問指導を実施しています。私達は地域医療に力を注ぐとともに、皆様方が住み馴れた家で生き生きと生活できるための支援を行ないます。

コンピュータによるネットワーク

院内各所にオンライン化されたコンピュータを設置。各セクションを結び、情報を迅速且つ正確に伝達し、診療に役立てています。また、附属施設クアハウスとの連動により、受診者のフォローアップの充実を図っております